このサイトについて

WordPress の公式ディレクトリ掲載テーマである Habakiri のデザインスキンである Coco のデモサイトです。

Habakiri は Bootstrap ベースのテーマであるため、Bootstrap に含まれる様々な機能も使用することができます。

Habakiri には次の特徴があります。

レスポンシブデザイン

このテーマはタブレットサイズ・スマホサイズのときはレイアウトが可変するレスポンシブデザインとなっています。どのデバイスでみても快適に閲覧することができます。

HTML5、microformats対応

このテーマは HTML5 で制作されており、SEOを意識したシンプルで構造化されたマークアップがなされています。また、構造化データ(microformats)にも対応しています。

ページ表示高速化対策

ページの表示速度は検索結果に反映されると言われています。このテーマでは CSS、JS を圧縮結合して適切な位置で読み込ませる高速化対策を行っています。

テーマカスタマイザー

テーマカスタマイザーで色やレイアウトの設定などのカスタマイズを簡単に行うことができます。

多数のフック

Habakiri には多くのアクションフック・フィルターフックが用意されています。それらを適切に使用すれば、テーマを直接変更することなく新たな機能を追加したり、要素を追加したりすることができます。

ソーシャルアカウントのリンクをアイコン表示

フッターにソーシャルアカウントのリンクを表示させるためのナビゲーションが用意されており、そこにリンクを設置すると、URL を判別して自動的にアイコン表示してくれるようになっています。

アイコンフォント「Genericons」「Glyphicons」が使用可能

アイコンフォントを使えば、画像でアイコンを表示するよりも軽い容量で、しかも大きくしたり小さくしたりしても画質を落とすことなくアイコンを表示できます。このテーマでは「Genericons」「Glyphicons」が使用できます。

その他

プラグイン無しでパンくずリスト、関連記事の表示が可能です。また、ウィジェットエリアはサイドバーとフッターの2箇所があり、フッターのウィジェットエリアはカラム数を変更できます(2、3、4カラムから選択できます)。

バージョンアップについて

デザインスキン(プラグイン)には、WordPress 公式ディレクトリ掲載テーマと同様にワンクリックアップデートの機能が組み込まれています。一度ご購入いただければ、ダッシュボードからアップデートすることで再度購入いただかなくても最新版がご利用いただけます。